サラ金のカード分割払いでキャッシングを行うときの注意点

キャッシングを行う場合に重要な事は「どこから借入を行うか」ということですが、キャッシングをする企業としてまず思いつくのはサラ金であることが多いでしょう。サラ金にはカード月賦と呼ばれる個々向けの借金産物が用意されているためです。
サラ金のカード月賦に頼む場合にはいくつか注意をしなければならないことがあります。たとえば、借入可金額には限度があるという点だ。サラ金をはじめとする貸金社は貸金業法の判別により、申込者の年俸等の3分の1を超える貸オンを行うことができません。申込者が複数のカード月賦に申し込んで借入を行っている場合は、その借入金の全てが年俸等の3分の1以内になっていることが必要で、超えていた場合は新規の借入ができなくなります。
また、多額のキャッシングを行う場合は、検討の過程で必ず出所受け取り票をはじめとする財産をエンブレムとれるシートのアナウンスが求められます。これも貸金業法の判別に基づくもので、1社で50万円または他社との合計で100万円を超える貸オンを行う際に貸金社が行わなければならない任務だ。www.griffiths-cooper.co.uk